つばめの赤ちゃんが生まれました

 こんにちは、じめじめした季節がやってきましたね。

相変わらずバタバタと忙しい日々の中、5月初旬、お店の入り口に藁のようなごみがたくさん落ちていることに気が付きました。

誰かが落としていったのかな~と、思い、ふと、見上げると、なんと!ツバメの巣のようなものを発見!親つばめがお住いを建築中でした。

それから1週間後に素敵なおうちが竣工しました。

しかし、まだ赤ちゃんつばめの姿はなく、毎日、お父さんつばめとお母さんつばめが交互で、巣の中の卵を温めているようでした。それもずーと動きません。出勤時、お店のシャッターを開けるのにもうるさくないかな?と気を使いながらゆっくり開けるのですが、つばめはご不在。

隣の整骨院のオーナーときっと、居心地悪くていなくなったのかな~と心配していましたが、なんと、巣の中に隠れて温め続けていました。辛抱強くて、やっぱり親鳥は強しです!!

 

6月16日、朝、またシャッターを開ける際に、巣の下になんと、小さな卵が2個分割れて落ちていました。これは!!と、うきうきした気持ちで眺めていたら、なんと、2羽ほど羽化していました。

休み明けに見ると、もう2羽増えて、全部で4羽。くちばしの白い小さな赤ちゃんが思い切り大きな口を開けて餌を待っているではありませんか!

 

 

時々、かわいい顔をのぞかせて挨拶してくれます。(笑)

今、親鳥は一生懸命にえさを運び、子育て真っ最中です。お昼ごろは一番忙しそうです。

道行く親子が立ち止まって見ていきます。

「ほら、赤ちゃんつばめがいるよ」って!

お店の軒下からきっと幸せが舞い込みますね。梅雨時ですが、ほんわか暖かい気持ちになりながら

毎日、お仕事させていただいています。

 

お店の前を通る方はぜひ、見てあげてください。