リフォームと整理収納の因果関係

先日の3連休の最終日に、ミサワリフォーム(株)主催「暮らしをラクにする整理収納セミナー」を

ハウススクエアで講義させていただきました。

 

 

「ハウススクエア」は、神奈川県の中川駅近くにある総合住宅展示場です。

コロナ感染者が増大になっているので、ご参加される人数が少ないと思いきや、7名のお客様で満席でした。

 

今回のセミナーではこれからリフォームしたいと計画中のお客様に、リフォーム成功の鍵となる、「整理と収納」の考え方や手順、ノウハウについてご説明し、最後にミサワリフォーム様のリフォーム事例をパワーポイントでご説明する内容でした。

 

今回のセミナーの一番大事な点をぎゅっとまとめると、リフォームを思い立ったら、まず、土台である「整理」をするところから始めないといくらお金をかけてリフォームしても意味がない!ということです。

 

理由は、お持物の要、不要の選別をやらずに、リフォームの計画を立てると、不必要なモノを入れておく箱をわざわざお金をかけて作ることになり、さらにモノが増えて、必ずといっていいほど、リバウンドする結果になるからです。

 

「我が家で必要なモノはこれだけ!」という風に使うモノの量や使用頻度を明確にすることで、設計の選択肢が広くなり、さらにリフォームで効率的に家事ができる快適な住まいに変容させることができます。

これぞ、リフォームの価値が上がると言い切れます。

 

住宅メーカーにリフォームを依頼する前に、再度、リフォームする意義を考え、モノを厳選してから業者へ発注することをお勧めします。

 

つまり、「リフォームにまさる片付けはない!!」と言い切れます。