㊙実家の空き家対策

昨今、コロナウイルスの影響で、イベント開催を断念する企業様が多い中、弊社も春のイベントは全面キャンセルで残念なことが多いですね。

お客様宅に伺うスタッフには、作業前にマイコップでうがい、手洗いを忘れずにすることを呼び掛けております。

 

さて、そんな中、少人数のセミナーに参加しました。

*実家の空き家対策で必要な「相続の基本」

ひとり暮らしの親が高齢になって、高齢者施設に入居すると、住んでいた実家をどのように資産運用するかが、問題になってきます。いろいろな運用方法がありますがそれぞれにメリット、デメリットがあります。

・売る・・・(メリット)  固定資産税は払わなくてよい。まとまった資金が入り、負担がない

(デメリット)  家族が手放したくないという気持ちが強い

・貸す・・・(メリット)  定期的な収入が見込まれる

(デメリット)  維持管理のコストがかかる。入居者の対応が面倒

・住む・・・(メリット)  家賃、ローンがない

(デメリット)  昔なじみの人が多く、気を使う、リフォーム、建て替え費用が掛かる

・利用・・・(メリット)  民泊、事務所など事業として利用できる。空き家利用の補助金などが入る

(デメリット)  事業をするために投資資金が必要になる

 

やはり、「売る」人がほとんどを占めるそうです。

しかし・・・・・・家は売れるのでしょうか?

 

*実家を売るとき、貸すときに知っておきたいこと

今、家が売れない理由は以下の項目です。

需要がない・住宅の供給過多・少子高齢化で購入者数の減少 難あり物件・違法建築   など

さらに、その他具体的には、次のことが挙げられます。

・人的理由・・・・片づけが終わらない

・物理的理由・・・不具合・広すぎる

・法令的理由・・・建て替えが不可・田畑などの農地があり、

建築基準法に見合った道路に面していない

う~ん、なんだかデメリットばかりですね~

 

しかし、(株)ほそい住宅FPは、希望通りの価格にはならないが、日本の不動産は必ず売れる!!

と断言します。日本では、住んだり、利用したいという理由がある方は必ずいるとのことでした。

では、「地方の土地でも売れるのでしょうか?」と聞いたところ、ある「売り方」があるようです。

株)ほそい住宅FP 様のご紹介

実家の売却や、空き家対策をする不動産業。四半世紀にわたる不動産業での売却、賃貸経験を活かし、実家の将来に悩む、「2代目」世代のために実家の活用方法をご提案する企業です。

現在、弊社が片づける予定の千葉県の空き家(実家)を売る、貸すなどのご提案をお願いしており、大変お世話になっている企業様です。 http://jikka-akiya.com

 

 

 *相続が起きる前に考えよう! 実家活用の選択肢と注意点

売るためには、ある程度のリフォーム資金が必要ですが、住宅をリフォーム、アレンジできる賃貸契約を結べる「DIY型 賃貸借」が大きな話題を呼んでいます。借主は、古くなった空き家を好きなようにリフォームでき、また、貸主も大きな資金投資をせずに賃貸収入が得られることがメリットです。

*「DIY賃貸借」とは・・・?(国土交通省HPより)

・借主の意向を反映して住宅の改修を行うことができる賃貸借契約やその物件のことを指します。

・借主自らが改修する場合もあれば、専門業者へ発注する場合もあります。

・工事費用については、借主や貸主が負担するだけでなく、改修規模や内容によっては、転貸人(サブリース業者など)やDIY型賃貸借を支援する第三者等が負担する場合もあります。http://www.mlit.go.jp/common/001228736.pdf

 

さらに以下のメリットがあります。

・管理費をなくすことができる

・借り手がつきやすい

・「迷惑空き家」化を回避できる     これはお互いにお得ですね~!!

 

実家を今すぐ売却すれば一時的にまとまった資金が得られますが、まずは賃貸を考慮に入れ、賃貸収入を将来の

資金にすれば、すぐに売却するより多い収入が見込めると言います。

 

「DIY賃貸借」を進める際の面倒な片づけ作業を弊社へご依頼いただければ、さらにお得意様へのお役

立てができると確信いたしました。

執筆者プロフィール

▼記事がお役に立ちましたら、ぜひシェアをお願い致します!▼

関連する投稿

▼『㊙実家の空き家対策』の前後の投稿はこちら▼