空き家の片付け

こんな方が対象です

  • 空き家になった実家を丸ごと片付けたい
  • リフォームをしたいが、片付けが困難
  • 新居にどのように収納したらよいかわからない
  • 空き家を片付ける前に価値あるものを査定し売りたい
    など々

空き家の片付けと残置物撤去

家具の中身を出さずにそのままでご依頼ください。
資源・海外リサイクル・査定買取品・処分品に仕分けし、
トラックに積載できるようにダンボールで梱包します。

<当社の特徴>

お困り内容をヒアリングし、整理作業、処分費の暫定の金額をお見積もりします。

お持物の片付け方法は、スタッフとともに要、不要の判断をお客様と一緒にしてゆきます。

整理作業は、処分品、買い取り品、リサイクル資源、残すものなどダンボールごとに仕分けし、整理最終日に弊社提携の家財処分会社が処分品を搬出します。まだ売れて使えるモノは東南アジアへ無料で、輸出します。

ただ処分場へ捨てるのではなく、「使えるものを生かす」エコ活動をしております。

また、価値あるものは古物商が査定し、買い取り品としてお引上げし、売れた金額をご請求金額からお値引きできますので、処分費をお安くできるメリットがあります。

<処分費用の目安>

通常、食品(生ごみ)や庭の土以外は、すべて処分場へ輸送します。お見積もりには以下の項目で記載します。

仕分け片付け作業+車両費+人件費+処分費+諸経費

仕分け・片付け作業

【価格】  1時間  3,850円~

 

車両費

お荷物の量によりトラックが何台必要か、事前に無料で、お見積もりします。

【価格】  1トン車  15,000円~

 

人件費

当日の作業人員を事前にお見積もりします。通常戸建て1軒すべての物を搬出する人数は4名から6名です。お荷物の量によります。

【価格】  1名 15,000円~20,000円(作業量により異なります)

 

処分費

お見積もり金額の項目で、高額なのが処分費です。こちらは処分場へ業者が支払う金額となっております。

【価格】  1㎥  13,200円

≫不用品回収・買取査定ページはコチラから

 

平均処分金額の目安

例)2トン車6台分の処分品を搬出する場合の目安・・・・・約50万円(車両費・人件費含む)

※お持ちのお荷物量により異なります。

ご依頼から片付け作業までの流れ

STEP① ヒアリング・お見積もり
空き家の片付けお困り内容をヒアリングし、整理作業、処分費の暫定の金額をお見積もりします。整理作業についての仕分け方法をお客様にわかりやすく、ご説明します。
STEP② 日程を決めます
お見積書が届くころ、当社からご連絡し、ご都合よい日を決定します。
ご年配の方はお急ぎでなければ、お疲れにならないよう、週に1日から、2日の頻度で、設定させていただきます。
STEP③ 仕分け・片付け作業の開始
空き家の片付け初日にご契約書のご説明をさせていただき、押印いただきます。10万円を超える場合は、内金をお支払いいただきます。
STEP④ 最終日・搬出
空き家の片付け仕分け整理作業が終わり、最終日には処分品・海外へ送るリサイクル品・資源を搬出し、処分場へトラックで輸送します。
すべての搬出終了後にスタッフが清掃して終了となります。
かかったお時間で算出し、ご請求書を発行します。追加料金は基本的にいただきません。

空き家の片付け事例

<A様邸>

空き家 A邸

<S様邸>

空き家 S邸